男性のニキビと赤ら顔の改善効果

中学時代から一年前までは顔にブツブツが出来ていて、しかも赤ら顔でニキビ跡も目立っていました。
もともと綺麗な肌だったのに中学一年くらいにブツブツが顔に沢山出来始めてきて潰しては出来ての繰り返しでした。
それをやっているうちに赤いニキビ跡が残ってしまい気付けば顔中が赤のポツポツで埋まった顔になったのです。
この事が原因で人からバカにされましたし鏡で自分の顔を見るのが怖かったです。
その事で気持ちが内気になり人とも顔を合わせるのが怖くなり学校が終わったら毎日家に引きこもってばかりいました。
社会人になっても肌トラブルは続き、人とうまく顔も合わせる事が出来なくて人間関係もうまくいかない日々が続きました。
もう周りをきにせずに堂々と生きれるようになりたいと思う毎日でした。

 

 

この肌を改善しようとネットや美容雑誌を沢山読みあさりました。
ニキビとかの肌トラブルはストレスからなるもので「睡眠もしっかり取って正しいスキンケアをすると良い」と沢山の情報で書いてあったのを見ました。
自分はよく夜更かしばかりしていたのでそこは改善しようと思い睡眠は最低6?8時間にする事に決めました。
それといくら肌が汚いとは言え洗いすぎてしまうと肌が弱まり乾燥してかえって悪化してしまうそうです。
一日に2回以上洗ってたので肌の弱い私には一回で良いのだと思いました。
そして保湿はお風呂から上がって30分後にすると良いと書いてあったので早速これらの事を実行に移しました。

 

ニキビと赤ら顔を保湿で治した

 

これらのスキンケアをしてから一年くらいたった頃になんとあの汚かった肌と比べてブツブツもなく赤みも減った綺麗な肌に生まれ変わる事が出来ました。
今までのスキンケアで全く治らなかった肌が嘘みたいに消えて来たので本当にびっくりしました。
こんな簡単な方法があったのに私は調べもせず自分のやり方でやっていたので本当に早く知っておけば良かったと後悔しています。
後、ちゃんと寝て笑ってストレスをなくす事によって内側からでも心と体のスキンケアが出来たので一石二鳥です。
まだ残っている赤みはありますがこのスキンケアをこれからも続けて生きたいと思います。

トップへ戻る