角栓パックで毛穴の開きが戻らなくなった

学生の頃に鼻に角栓パックをしていて角栓を剥がすのが好きでしたがその後の毛穴を引き締めるケアを怠っていたため毛穴が開きっぱなしになり、それ以降角栓パックをやめても毛穴が目立つ状態になってしまいました。パックを伸ばして頬のあたりまで貼っていたため頬の毛穴も同じように目立つようになっていました。
化粧で隠しても、夕方頃になると毛穴落ちして汚くなってしまい、鼻の黒ずみもますますひどくなる一方でした。
気になって爪で角栓を出してしまうことが何度かあり、綺麗になるのはその時だけですぐに元通りになってしまいます。自分のすっぴんに自信が持てず、人に至近距離で顔を見られることがとても苦痛に感じていた時期がありました。

 

 

ネットでよく鼻の黒ずみについて調べることがあり実践してはがっかりして、の繰り返しだったので半信半疑になりつつ、それでももしこの方法で綺麗になるなら、と期待に夢を膨らませていました。同じ方法を試して実際に効果があったという文をいくつか見ると、自分もその一人になれるんじゃないかと思いました。
もし肌が綺麗になったらすっぴんでも人と顔を合わせて話せるし、近くのスーパーやコンビニにも、今まで面倒だったファンデーションをしなくて済むようになるかもしれない、そして自分の肌を好きになれたらどんなに毎日楽しいかとわくわくしていました。

 

 

ビタミンと保湿で少しずつ毛穴の開きが治る

 

洗顔料は多めにとり、たっぷりの水でたくさん泡立て手で顔を洗うのではなく、泡で洗うように優しくなでるように洗顔したら洗顔にかかった時間の倍の長さで今度は洗い流します。洗顔料が肌に残っている状態が一番悪い状態らしいので、おでこの生え際まで気をつけて洗い残しがないようにしました。化粧水も面倒がらずにコットンパックをしたあとハンドプレスして人肌の体温で浸透させ、美容液、乳液、ナイトクリームを重ねていきます。毛穴にはビタミンと保湿がなにより大事らしく、ゆっくり丁寧に層を作るようにスキンケアを行いました。即効性はないものの、気づいたら消えた?と錯覚する程目立たなくなった時は驚きました。お金をかけなくても日ごろの丁寧さが大事だと痛感しました。

トップへ戻る